小笠原 美保(おがさわら みほ)

「緩む」を専門としたセラピーとコーチング
therapy & coaching imacoco 代表

「緩み」のスペシャリスト
セラピスト、整体師、ライフコーチ

神奈川県大和市在住(海も川も山も米軍基地も近い!)
<家族構成>
高校2年生の息子と母の3人家族 シングルマザー
<特 技 >
簡単な英語で会話すること(帰国子女)
簡単すばやく料理を作ること
適当に絵を描くこと
タイピング(しゃべるくらい速い)

幼稚園児の頃から絵描きになりたいと母に頼んで通わされたところが習字教室。8歳から13歳までアメリカ合衆国シカゴで過ごし、帰国後学校の英語に違和感を感じて英語教諭になることを志す。

英語教諭になるために大学へ進学し、同時に高校生へバドミントン部のコーチとして就任指導する。

大学時代に父が駐在するオーストラリアへ行き、職場の女性社員へ手芸教室を開き、英語で教えることの喜びを感じる。

英語でコミュニケーションする楽しさと広がりを伝えたい、教えたいと教職を目指すが、英語教育に対しての疑問と母からの大反対により断念し、大手損害保険会社へ入社。

大手損害保険会社では、地域営業、営業企画、商品管理部門にてパンフレット類作成、代理店指導、人事部の能力開発部門兼務のインストラクターとして社員研修にて全国巡回指導を行う。

営業事務指導を行いながら、自分らしく生きることについても相談を受けながら毎日をどう充実できるかをアドバイス。

常に相手の立場になり、思いやりをもって業務を行うことを心がけ、育成指導を行なっていた。

しかし、自分のことを大切にせず相手を思いやりすぎるがために、産後体調が戻っていないまま仕事に復帰したことも重なり、心身のバランスを崩し倒れる。

やむなく会社を休職した時に、ハワイから来日したエド先生のロミロミに出会う。

「Wow!
 何これ??
 こんなマッサージ、何故今まで知らなかったのだろう??」

16年前、これが私のロミロミとの出会いでした。
フラの先生から半強制的にハワイから来日された男性ロミロミセラピストのセッションを受けにいくよう言われるがまま都内のホテルに向いました。
 
ドキドキしながら、先生が宿泊されているホテルの部屋の前で待つ。
 
ドアが開くと・・・
 
うわぁ~!!
 
おっきぃ!!先生が!!
明るい先生が歓迎し、お部屋へ案内してくださいました。
 
エド先生です。
 
 
さて、私にとっての初めてのロミロミですが、
 
うつ伏せで、お尻のところにちょこんとパレオが置いてあるだけ。
 
 
大丈夫なのか??
男性セラピストとホテルの一室で二人っきり・・・。

 
 
背中にオイルが塗られると
大きなエド先生の腕が首から肩へ、
そして背中からお尻へ、さらに脚から足の先まで・・・
 
 
 
超ロングストローク!


Wow!
こんなマッサージを受けたことがない!

 
今までのマッサージは何だったの?
私が知っていたマッサージは
首、肩、背中、脚など部位別に施術を行なっていくものばかり。

複雑な手技もなく、
とてもシンプルで
ダイナミック!


 
おおお!
まるでパンの生地になったみたい!
こねられている感じ!

こねる??
身体ってこんなに柔らかかったの??

パンの生地のようなロミロミで
まるで生地の中の空気を出すかのように
何か抜けていっている。

いや、これは海の中?
深い海の中に潜っている・・・。


クジラ・・・??
深い海の中に潜ってみると
とても静か。
何か微かに聴こえてくる。
なんだろう??

波??
それも大きな波に乗っているかのよう。

そして流れを感じる!

こんなに変化があり、ダイナミックなのに・・・

温かく

愛がある!


そうか!
これがロミロミなんだ!
 
 
なんだか・・・すごい!!
 
 
どんどん受けながら楽しくなっている私。
 
あれ??
 
ロミロミしてもらいながら、笑っている! 


そしてハッと気づいた!

私、こんなに硬くなっていたんだ。
身体も
心も
頭も。
仕事でも、家でも、
なんとか頑張っていい結果を出さないといけないと
一人で力入っていたんだね。


エド先生の大きな手から伝わる愛がじわじわと私を緩めていく。

ずっとどこか端っこに追いやってしまっていた「私」に気づくセッションでした。

セッションが終わったときには、背中もスッキリ、足の裏の感覚は大地をしっかり踏んでいる感覚が強い。
そしてスキップしたくなるくらい、明るい気持ちになっている。
身体が軽いってハッピーだ。

これを知ってしまった!
ロミロミはただカラダがほぐれるマッサージではない!

エド先生のロミロミセッションですっかりロミロミの虜となり、ロミロミを学び始めました。
ロミロミは受けても緩むし、施術をしても緩む! 
(私の場合、ロミロミを学ぶことで冷え症が解消されました!)
そして現在は、ロミロミを行う、レッスンするだけでなく、マインドフルネスNLP、冥想、太極拳のエッセンスも融合した心身緩むコーチングセッションも行なっています。
 
 ロミロミと出会ったことから私は「自分らしく、自由に伸び伸び生きる」ことを意識し始めました。

さらに日本で言われているロミロミってどんなもの?という疑問を解消するために日本のロミロミスクールにも通い、マウイから来日されるテリー・チュウ氏からもロミロミを学びました。

ロミロミの真とは、人生の生き方。
自分らしくいる事で、自身をクリアーにし、
精神的に自己の中核に焦点を合わせること。
セラピスト自身がそう在ることで、
ロミロミのヒーリング部分が、他を助けるのです。

                   Hands of Aloha Terry Chew

私のロミロミは一人の先生からという制限もなく、私らしく自由な感覚のものへと変容していきました。

私たちは大切なことであると思い、取り組むたびに
ついつい力が入ってしまう。
そのためにもRELAX(リラックス:再び緩む)を意識。
身体に触れてリラックス!
呼吸を意識してリラックス!
心を緩めてリラックス!

ゆるゆる!

おもしろいように
リラックスしていると
今まで無理!できないと思っていたことが
できるようになったり・・・。

無意識に自分の中で制限をかけている
そこに気づくこと・・・

私はそれを何度も経験していますし、
実際にセッションを受けてくださった方も
できるように変化されています。
(例えば、四十肩で腕が上がらないと思っていたのに、
思い込みが解除され、腕が上がるようになった等。)
これも、私が変化させたのではなく、サポートしただけ。

そのサポートができている時、
本当に楽しい!嬉しい!
私も緩む!

私が大切にしているロミロミの考え方は、
「今、ここ」を大切に生きること。
毎日ベストな「私」として生きること。

「ロミロミの真とは人生の生き方である。」 by Terry Chew

まずは私自身を整え、クリアになること。

その上で私ができることを行うこと。

私ができることは、あなたに触れて「緩む」ことであなたの中にある
大切なことを思い出し、最高最善の毎日を過ごすことをサポート。

手で触れること
言葉で触れること

触れる時には必ずこの4つを。

Love(愛)
Respect(敬意)
Thank(感謝)
Hornor(誇り)

エド先生から学んだロミロミの4つのキーワードとともに大切に丁寧に触れていきます。

これが私のセッションの特徴です!

ご自身のことが一番近くにいながら一番わからないものです。
あなたに寄り添い手のひらと言葉であなたが「緩む」を思い出すことをサポートします。

2018年6月に来日したエド先生はもっと大きな存在でした!

<ロミロミセラピスト>
<Access Bars®プラクティショナー・ファシリテーター>
<Access Consciousness®エナジェティックフェイスリフト®プラクティショナー>
<Access Consciousness®ボディープロセスプラクティショナー>
<マンドフルネスNLP®マスタープラクティショナー>
<日本武術太極拳初段>
<公認太極拳普及指導員>

お気軽にお問い合わせください。090-1469-2180受付時間 9:00-18:00
(施術中は電話に出られない場合もあります)

メールでのお問い合わせ